不動産仲介業の転換期?

不動産仲介業の業界はじき大きな転換を迎えると言われているのをご存じでしょうか?まず、わかりやすい部分として仲介手数料がありますが、これに どんなものでも上限の3%に6万円を足すという、言うなれば慣例として行われている現状は、今後廃れていくことになると言われているのです。

インターネットの活用やシステムの仕組みの変化により、常に上限の手数料をもらわなくても不動産仲介業は立派に成り立つことができるのです。

管理人もよくネットを使って検索をして物件探し等をしてるのでこの問題は結構身近だったりします。と、言う訳で、

このページでは、現在の不動産仲介業者が抱えている今後の問題についてご紹介します。

仲介業者の評判と不満

不動産関係者の話を聞くと、ログハウスで暮らそうと考えていた高齢者の方からのクレームや、不動産仲介事業者の評判や不満などがたくさん集まってきますが、顧客から発せられる多くの不満や疑問の多くは「仲介手数料が高すぎる」というものです。

これは、不動産仲介業者が顧客の期待と満足に答えられるような仕事をしていないにも関わらず、 まるで既得権益のように上限の仲介手数料をとろうとすることにあります。

顧客が満足できないのですから、当然「百万単位の仲介料なんて払いたくない」というのがお客の本音なのでしょう。しかし、気に入った物件を売ってもらえないのは困るし、まごまごしてると誰かに買われてしまうという焦りから、教えて!不動さん!と頼ったり仕方なく仲介料を払うという構図が成り立ってしまっているのです。

もちろん、ホスピタリティーの充実など、顧客にとって至れり尽くせりのサービス状況で、さらに物件に付加価値をつく、というような不動産仲介業の場合は、「上限の3%+6万円」だけでなく、もっともらってもいいと思うだけの仕事をするところもあります。

つまり、現在の不動産仲介の世界を鑑みると、業界は大きく2極化することができるのです。

二極化する不動産仲介業
二極化する不動産仲介業として、ひとつは「仲介手数料無料」、もしくは「割引」といったサービスをとっているところ。これが現在で最も大きな潮流となっています。

不動産レクチャーとしてもう一方お伝えしますと、「高付加価値」物件を紹介してくれるところ。これは本当の意味で顧客満足を追求する不動産仲介業と言えます。 後者は前者に比べて難易度は高くなりますが、今後の業界の流れでもそれなりの業者が残ることでしょう。

いずれにしても、これまでの考え方や手法で 生き残ることができる不動産仲介業者はほとんど存在しないということ。時代の変化に伴う業界の変化に追従することができない不動産仲介業は淘汰されていく運命にあるのです。

Valuable information

マカサプリメントランキング
http://owuctc.com/

2015/2/18 更新