不動産・仲介業者 解説メモ -サイトマップページ-

当サイトでは、不動産を利用して物件を購入する際の注意点や、不動産仲介業者に物件購入時に払うことになる仲介手数料などについての紹介・解説をしています。

人生で大きな買い物となる物件の購入はそうそう気安く行えるものではありません。購入時に浮かぶ疑問や悩みを解消するためにも、不動産と仲介業者についての知識を深めておきましょう!

Home

「自分の家を持つ」ということは人生における一つの目標とも言えるくらい大きなイベントです。 自分の家を持つということは必ず物件を取り扱う「不動産の購入」ですので、おそらくは人生で一番大きなお買い物といえるのではないでしょうか。

不動産で物件を購入するという行為は、最寄のスーパーで買出しをするような気楽なものではないですし、何より扱う金額がとても大きいので、物件の契約を控えている誰もが「失敗はしたくないと」考えるでしょう。

不動産の購入を考えている方は、まず何よりも物件の詳細な情報をしっかりと把握し、そして納得した上で購入することが先決であり、大事なポイントです。

「不動産・仲介業者 解説メモ」では、人生においてそうそう訪れない高い買い物である不動産物件の購入で失敗しないように、 不動産と不動産に関わる仲介業者に重点を置いた情報を集めて掲載しています。不動産購入の際に浮かぶであろうささいな疑問や悩みが当サイトの情報によって少しでも解決いただければ幸いです。

仕組みを知って計画的に購入

みなさんご存じの通り、不動産で物件を購入するには多くのお金が必要になります。用意しておく資金は頭金に諸経費を含めた30%〜40%程度が理想的ですが、実際には頭金についても2割程度余裕を持たせておく必要があるでしょう。

しかし、将来に抱えるリスクを少なくするために自己資金は多いほどいいのですが、どの程度の資金を確保しておけば十分なのかはケースバイケースでしょう。このページでは、物件購入時に必要となる資金とそれに関わるローンなどについてご紹介します。

見落とし&間違いなしの選び方

中古住宅の購入や不動産仲介業者を選ぶ時に、何となく「大手企業であれば安心する」といった根拠とは言えそうもない感覚に陥るのは、もはや人の心理と言えるでしょう。

しかしながら、一生に一度の大きな買い物とまで言われている住宅物件の購入の場合、 実際に依頼する仲介業者については感覚的な先入観に頼るのではなく、業者の特徴をきちんと押さえた上で自分に合ったところを利用するのが賢明なのは言うまでもありません。

このページではなかなかに難しい仲介業者選びのポイントについてご紹介します。

媒介契約3種を詳しく解説!

多くの場合、住まいの売却や買い替えをするする際に不動産仲介業者に仲介を依頼することになります。このときに不動産業者との間で仲介に関する契約を締結するという流れになりますが、この契約は通常「媒介契約」と呼ばれています。

このページでは、媒介契約の種類である「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」という3種類についてご紹介します。

仲介手数料の内訳と算出

仲介手数料とは、不動産の取引をしたときに不動産業者に支払う報酬のことです。宅地建物取引業法では成功報酬主義が取られているので、売却や物件探しの依頼をしたとしても、最終的に取引が成立していなければ支払い義務が生じることはありません。

仲介手数料の金額の上限は宅地建物取引業法によって決められており、例えば取引金額が400万円を超えるケースの場合は「取引金額×3%+6万円」以内となっています。

また、課税業者の場合はこの算出式にさらに消費税がかかります。このページでは仲介手数料の算出方法とその内訳についてご紹介しています。

顧客と業者、それぞれの立場

不動産仲介業者に依頼して不動産の売買や賃貸を行う場合、依頼を受けた不動産仲介業者を大きく3つのタイプに分けることができます。

一つ目は「顧客(お客)側の立場」を考える業者、二つ目は「顧客側と相手側の中立の立場」を考える業者。最後の三つ目は「相手側の立場」を考える業者です。

これは、不動産探しており場合に、その物件がアパートやマンション、一戸建てや仕事に必要となる事務所、店舗や駐車場、土地など、購入だけではなく賃借も含みます。

このページでは不動産仲介業者が取る上記3つの立場についての考察についてご紹介します。

仲介業者の転換期と展望

不動産仲介業の業界はじき大きな転換を迎えると言われているのをご存じでしょうか?まず、わかりやすい部分として仲介手数料がありますが、これに どんなものでも上限の3%に6万円を足すという、言うなれば慣例として行われている現状は、今後廃れていくことになると言われているのです。

インターネットの活用やシステムの仕組みの変化により、常に上限の手数料をもらわなくても不動産仲介業は立派に成り立つことができるのです。 このページでは、現在の不動産仲介業者が抱えている今後の問題についてご紹介します。

不動産業界の動きと今後の課題

「不動産仲介業の転換期?」でも紹介した通り、不動産業界は現在残っている業者の質の定価やサービスの種類などの変化により、年々厳しい経営状況に苦しんでいます。

また、「情報の囲いこみ」で商売をしてきた不動産仲介業者は、今後はもっと厳しい状況に陥ることが予想されています。このページでは、不動産業界が抱える悩みとそれに関わる今後の動向についてご紹介します。