仲介手数料の算出
仲介手数料とは、不動産の取引をしたときに不動産業者に支払う報酬のことです。宅地建物取引業法では成功報酬主義が取られているので、売却や物件探しの依頼をしたとしても、最終的に取引が成立していなければ支払い義務が生じることはありません。リフォームを考えるなら、この支払い義務も把握しておきましょう。

仲介手数料の金額の上限は宅地建物取引業法によって決められており、例えば取引金額が400万円を超えるケースの場合は「取引金額×3%+6万円」以内となっています。また、課税業者の場合はこの算出式にさらに消費税がかかります。このページでは仲介手数料の算出方法とその内訳についてご紹介しています。

仲介手数料の詳細
仲介手数料とは顧客が不動産会社に対して物件を仲介してもらったことに対する報酬として支払うお金です。

よって宅地建物を生業とする業者以外がこの仲介手数料を請求、もしくは受け取るのは違法です。仲介金額の上限は下記のように宅建業法によって定められています。ご参照下さい。
  • □ 200万円までの売買金額の5%+消費税
  • □ 200万円〜400万円は売買金額の4%+消費税
  • □ 400万円以上は売買金額の3%+消費税

手数料の計算と算出方法

繰り返しになりますが、仲介手数料は

  • □ 物件が200万円以下の場合は税込みの計算で X 100分の5.25
  • □ 物件が200〜400万円の場合は税込みの計算で X 100分の4.2
  • □ 物件が400万円以上の場合は税込みの計算で X 100分の3.13
物件の価格はピンキリですが、多くの方が取引する物件の価格は400万円以上がほとんどでしょう。

400万円以上の場合の仲介手数料の簡単な計算方法は「物件価格に3%を掛けて、それに6万円と消費税を足したものが仲介手数料」という計算で問題ないかと思います。
仲介手数料に含まれるお金

不動産仲介会社を利用するなら手数料もチェックしておきましょう。仲介手数料にはあらかじめ6万円が含まれています。これは仲介手数料を算出時に用いる公式で、100分の3.13とする際に簡単に導けるように加える数字として利用します。


check

セイコーエプソン
http://www.epson.jp/

2014/9/18 更新