仲介業者に関する注意

不動産仲介業者に依頼して不動産の売買や賃貸を行う場合、依頼を受けた不動産仲介業者を大きく3つのタイプに分けることができます。

一つ目は「顧客(お客)側の立場」を考える業者、二つ目は「顧客側と相手側の中立の立場」を考える業者。最後の三つ目は「相手側の立場」を考える業者です。

これは、不動産探しており場合に、その物件がアパートやマンション、一戸建てや仕事に必要となる事務所、店舗や駐車場、土地など、購入だけではなく賃借も含みます。このページでは不動産仲介業者が取る上記3つの立場についての考察についてご紹介します。


仲介業者の本音

-業者の本音を知れば、利用方法も分かる-

不動産仲介業者に勤めている顔見知りがいないのであれば、インターネットや電話帳、折込チラシなどを利用して探したり、物件にかかっている看板や広告を見たり、友人や知り合いの方に近隣の不動産仲介業者の評判を聞いてみるなど、現在では様々な方法によって安心して相談できる不動産仲介業者を探すことができるでしょう。

選ぶ段階で「どの不動産仲介業者に頼んでも多分似たようなものだろう」と考える方もいらっしゃるかとは思いますが、実際のところ不動産仲介業者選びは物件選びの良し悪しを担う一番大切なところと言えるのです。

本来ならば広告などで気に入った物件を見つけ、その後に不動産事務所を訪ねて希望の不動産を探してもらい、賃貸借契約、売買契約を結ぶのが一般的な不動産購入の流れです。しかしながら、この慣例とも言える何気ない行動の流れが非常に危険なのです。

仮に、依頼した不動産仲介業者が上記に挙げた「相手側の立場に立つ」タイプの不動産仲介業者ならどうすればいいでしょうか?法律的には違反をしていなくても、顧客側にとって不利となる契約内容になっている場合や、他に良い物件があっても紹介してもらっていないかもしれません。

これはつまり、売却物件or貸物件が無ければ商売にならない不動産屋が、物件の地主や大家などの味方としてのスタントを取っている可能性があるからです。このスタンスであれば土地の所有者である地主や大家は大助かりなのでしょうが、実際に賃貸借契約をする場合は顧客側は災難という他ありません。

これはなぜかと言うと、大家などの土地所有者側に立っている不動産仲介業者は顧客に不利となる状況で賃貸借契約を結んでいる可能性があるにもかかわらず、仲介料としてお客がその不動産仲介業者にお金を払っているということなのです。

この状況は正直なところ、契約する側としては釈然としない状況だとは思いませんか?その不動産仲介業者に支払っている仲介料は成功報酬としての手数料だという認識を持っていない方が残念ながら少なくありません。

顧客のニーズに応えた報酬として、つまり顧客のために働いてくれたことへのと感謝の気持ちを込めてお支払いする手数料であるはずの手数料がこんな扱いではあまりにも無粋です。確かに、形式上は住まいとなる物件を探すことはしてくれるでしょうが、その行為が必ずしも顧客のためだけとはない場合もあるのです。

それなのに不動産仲介業者に仲介料を支払うのは馬鹿馬鹿しくなってくるのも分かります。これが賃貸借契約が締結された際に大家がその不動産仲介業者に仲介料を支払い、顧客は手数料がかからないというのであれば筋は通るのですが・・・。

これら状況を鑑みるに、不動産仲介業者に軽はずみに請け負わせる行動は危険ということが言えるでしょう。

仲介業が請け負う売買契約と賃貸借契約

売買契約、賃貸借契約の場合、不動産を購入しようというその契約にどれだけの数の不動産仲介業者が入ったとしても、顧客がお支払いになる仲介料の金額は1社の場合と同じです。それならば、「顧客側の立場」に立って仕事をしてくれる不動産仲介業者に仲介料を払いたいと考えるのが普通でしょう。
顧客の立場に立っていないとしても、せめて不動産仲介業者の本来の姿である「中立の立場」の不動産仲介業者にお支払いになりたいと考えるでしょう。仮に気に入った物件を見つけて不動産仲介業者の事務所を訪ねてみると、地主や大家側の立場に立っていると感じた場合、少なくとも顧客の多くは仲介料を払うことに疑問を感じるのではないでしょうか。
相手は交渉のプロであり顧客は交渉の素人ですから、思ったように交渉できないままに相手側にとって有利な状況で契約締結となる可能性が非常に高くなります。
そんな時、お客の立場で仕事をしてくれる不動産仲介業者に頼むのが一番なのは言うまでもありません。プロの土俵にはプロしか上がることができないのですから、交渉はプロに任せておいて、お客と相手側の不動産仲介業者の間に入ってもらって任せれば特に問題はありません。それが不動産仲介業者の役割なのですから。

人生の中で別荘空間の購入や売買など不動産が動く時は人生において重大なイベントとなる訳ですから、 安心して任せることができる、信頼することができる不動産仲介業者が必要になるハズです。安心して任せられる不動産仲介業者が自分の地域にいないとしても、例えば、中国地方、関西地方といった大きなエリアで探して見ることをオススメします。

大きな検索範囲であれば、きっとお客の立場、最低でも中立の立場として仲介業をまっとうしてくれる不動産仲介業者が存在するでしょう。仲介料=成功報酬という図式は基本ですので、どうかみなさんお忘れなきよう。

pickup

最終更新日:2014/9/18