仲介業者の今後

「不動産仲介業の転換期?」でも紹介した通り、 不動産について現在残っている業者の質の定価やサービスの種類などの変化により、年々厳しい経営状況に苦しんでいます。

また、「情報の囲いこみ」で商売をしてきた不動産仲介業者は、今後はもっと厳しい状況に陥ることが予想されています。私が賃貸を行っている業者に望むことは、ログハウスの物件を増やして欲しい、という点ですかね。
ログハウスに済みたいと思っている人は多いと思いますが、ログハウスを購入する資金がない、と言う方は賃貸にログハウスのお部屋があると嬉しいはずです。

このページでは、不動産業界が抱える悩みとそれに関わる今後の動向についてご紹介します。

「情報の囲い込み」とは

前述で「情報の囲い込み」という専門的な用語を使いましたが、これは不動産仲介業者の利益の挙げ方・手法を表す表現のことです。

不動産仲介業者は売却の依頼を受けてさえいれば、売り主から不動産仲介手数料を貰うことができます。
このとき、依頼を請けた業者が購入者も同時に見つけることができれば、買主からも仲介手数料をもらえることになるのですが、この「売り手と買い手の双方から手数料が貰える仕組み」のことを「両手」と呼びます。

一方、売り主からのみ、もしくは買い主からのみ仲介手数料をもらうことを「片手」と呼んでいます。
両手と片手、どちらが多くの利益を上げるかは言うまでもありません。よって不動産仲介業者は通常「両手」を目指すことになります。

仕事量は大きく変わるわけでもないのに仲介手数料が「2倍」になるのですから、これは不動産仲介業者にとって非常に得のあることなのが分かるでしょう。しかし、不動産業界が抱える問題はまさにこの部分なのです。

利益を追求する業者の傾向

「両手」を目指すということは、つまり「他の仲介業者に客付けをさせない」ということ。そのため、業者間のネットワークに情報を流さずに 上手い話を自分だけのものとするために隠蔽をしたり、情報を流したとしても「既に契約の話が入っています」などと言って、他者の客付けを妨害するところが少なくありません。

本来ならばもっと早く売却できるかもしれない、もっと高値で売却できる可能性があるにもかかわらず、「両手」にしたいがために情報をしまいこみ、「売却しにくい物件」や「売れない物件」だけ情報を流しているというのが現状なのです。

これは、誰もがよく知る大手不動産仲介業者はもちろん、多くの不動産仲介業者が慣例として行っていることというから驚きです。これはある意味、業界人にとっては「常識」になっていると言えるかもしれません。

しかし、業界の常識は世間の非常識の典型であるこのような慣例は、社会問題化して禁止されるなどの方向に進んでいます。

「両手」で儲けたいという仲介業者の一方的な都合ではなく、顧客本位の仕事として正直な運営、言うなれば顧客側がイメージする「あたり前の仕事」をしている不動産仲介業者は現在はまだまだ少ないというのが現状です。

不動産仲介の世界では「当たり前のこと」を「当たり前」にする人は、 実のところ少数派で、当たり前の業務をしているだけなのに、異端児・少数派といった扱いを受けているのです。

業者の中には「何かがおかしい」と気づいき、現状を憂いている方が多くいますが、既存の慣行やシステムから抜け出すことが出来ていないのが実情となっています。仙台で賃貸アパートを経営している不動産屋さんは仙台賃貸の家賃で収入を得ています。

仙台の賃貸を利用する人が減っては収入は減ります。

2017/3/30 更新